高松市内 出会い系サイトで出会った武田久美子似の五十路熟女人妻は手マンと突きあげで潮吹いて逝ってしまった

 

どうも、管理人のつよぽんです。

 

先日は、香川県高松市への出張だった。

 

高松市への出張の話は、1ヶ月前に所属部署の打合せで決定。

 

すぐにいつも利用している出会い系サイト

 

ミントC!Jメール

 

にログイン。

 

ミントC!Jメール には、「アダルト出会い掲示板」がある。

 

プロフ検索で高松市と地域指定して高松在住の五十路熟女人妻を物色。

 

目に止まった投稿。

 

「普段は秘めている自分。セックスの時こそ本性があらわれると思いませんか…。普段は真面目でもセックスでは乱れたい…」

「人妻の誘惑」コーナーにイイのんがおった~っ!

 

オイラだって普段は真面目だけど、セックスでは乱れてるよ(笑)

 

共通ポイントだな。

 

早速、メッセージを送ってみた。

 

1日過ぎても返事が来なかったので、高松市内在住の他の五十路熟女人妻も物色して、数人にメッセージは入れておいた。

 

数人から返事が来て、数回やり取りしたけど…。

 

なんか違うな~と思ってたら切れていった。

 

残念…今回の出張はボウズか…。

 

すると、1週間後にお目当ての五十路熟女人妻から返事が来た~っ!

 

お返事遅くなりました。思いがよく似てますよね

 

「日常と非日常の使い分けは大切ですよね」

 

高松市に出張に来られるんですね。お会いしても良いですよ。

 

「18時以降になりますが、よろしいですか?」

 

はい、大丈夫。

 

これ以後、LINE交換をして逢うまでの1ヶ月間親睦を深めた。

高松市在住の武田久美子似の五十路熟女とゴルフ5で待合せ

今回、出会い系で出会った五十路熟女は、56歳専業主婦の千景さん。

 

写メ交換もしてくれたんだけど、武田久美子似で自分でも意識してるのか?LINEのプロフ画像が武田久美子だった(笑)

 

あんまり地元でウロウロしてるところを見られたくないという千景さん。

 

琴電志度線の春日川駅に近い「ゴルフ5高松店」までそれぞれタクシーで行って、待ち合わせることになった。

先に着いて、店の前で待っていると、停まったタクシーから女性が降りてきた。

 

千景さんだ。

 

写真とそう変わらない、武田久美子似の色白美人。

 

今夜は楽しいぞ~♪

 

「こんばんわ、初めまして千景さん」

 

こんばんわ、お誘いありがとう。私でよかった?

 

「千景さんが良いんです!!」

 

あまりのオイラの勢いが良く、千景さん苦笑い…。

 

ここから歩いていける場所にあるお店よ

 

2人並んで、人気のない道を店まで話をしながら歩いていった。

 

高松市の欒炭でお酒を呑みながら五十路熟女とデート

ちょっと店の外見は入りにくそうな「欒炭」というお店に連れて行ってくれた。

 

繁華街から離れているから落ち着いた感じが逆に良いかも。

 

料理をいくつか頼んで生ビールで乾杯。

「旦那さんにはなんて言って出てきたの?」

 

同窓会の幹事だけで飲み会しながら、打合せって言ってきたの。

 

「結婚後は、ずっと専業主婦してたって言ってたね。こんな美人がずっと家の中にいるなんてもったいない!」

 

そうなの…時々専業主婦でいることがしんどくなるの…。

 

主人が「家にいて欲しい」っていうから…。

 

2人ともイイ感じのほろ酔いでお腹も満たされた。

 

今度は、性欲満たさないとね~(笑)

 

実は…このお店選んだは、近くにラブホテルがあるからなの(笑)

 

千景さんは、小声で悪戯っぽく笑いながら肘をオイラの脇腹に入れてきた。

高松市街エリアにあるラブホで武田久美子似の五十路熟女人妻とセックス

来た道を戻って曲がったところにある「ヴェネチアンプレミアム」っていうラブホに入った。

 

「千景さん、さすが~、ここなら人目気にしなくていいね!」

 

やだ~、たまたまよ(笑)

 

会話しながら、部屋に入った。

 

先に部屋に入った千景さんに近寄り後ろからそっと抱きしめた。

 

千景さんは振り向いて、意を決したようにオイラに唇を寄せてくる。

 

初めは軽く、だんだん舌をねじ込み、ねっとりしたキスに変わる。

 

んんっ、んふっ…

 

キスをしながら、服を脱がそうとすると

 

ダメっ…女には準備があるの!

 

と言い、バスルームへと消えていっちゃった。

 

オイラの経験だと、まだ出会い系で遊び慣れてない五十路熟女は、先に1人でシャワー浴びに行く確率高い(笑)

 

仕方ないので、先に服を脱いでバスタオルを腰に巻きテレビを観てた。

 

バスタオルに包まれ出てきた千景さんは、

 

お先に、ベッドで待っているから…ね

 

と言いながら、シーツへと身体を滑らせた。

 

急いでシャワーを浴びてベッドに戻ると、千景さんはシーツの中で目を閉じて待っていた。

 

はやる気持ちを抑えながら、千景さんの傍らに立つ。

 

ビンビンになっているちんぽを千景さんの顔に近づけた。

 

それを見た千景さんは、ちんぽを横から挟むように受け止め、舌をまわし舐めるように、這わせてくる。

 

チュパッ!チャプチャプ

 

オイラのちんぽは、あっという間に唾液でベチョベチョ…。

 

「うぅ、千景さん…うぅ、あ、気持ちイイ」

 

思わず声を上げてしまった!

 

千景さんは、私の方へ向きなおすと根元までズッポリとくわえ込んだ。

チャプチャプ、チュボボボ~

 

「あっ、あ、ソレ、イイっ!」

 

旦那とのセックスは年に1~2回ほどって言ってたけどホントかな?!

 

このままでは、あっという間に逝かされてしまうっ!

 

千景さんのおまんこを存分に楽しまねば!と思い優しくベッドに押し倒した。

 

舌を駆使して全身を舐めて、感じる部分を探っていった。

 

あっ、あっ、ああっ、感じるっ、ああぁ…

 

艶っぽい声がどんどんと溢れてきた。

 

乳首を舐めながら、おまんこに右手をやるとすでにジュルジュルッとした蜜が溢れ出てきてた。

 

千景さんは、オイラの身体に自分の身体を密着させてきた。

 

中指をおまんこの奥まで入れてやった。

 

激しく奥で突き立ててやると、喘ぎ声が絶叫に近くなってくる。

 

ううぁ、んあああっ、

 

 

ダメっ、こんなのはじめてぇっ!!

 

ヌチュッヌチュッ クチュックチュッ

 

うあぅ、あっ!デちゃ、デちゃうぅぅっ、イクぅ!!

 

シーツに大きなシミを作り、千景さんはグッタリと果ててしまった。

 

まだ荒い息の千景さんだが、間髪入れずに我慢しきれないちんぽを一気に差し込んだ。

 

ああああ!!まだ、ダメ~っ、あっ、ああ!!

 

身体をのけ反らせて反応する千景さん。

 

ダメ、ダメっ、ああダメなのっ、

 

ヌプッヌプッヌプッ

 

あぁ気持ちよ過ぎてぇ、クルシイよぉ

 

ズプッズプッ ズプッズプッ

 

お願い、早くイってちょうだい、シんじゃうぅ~

 

 

あぁ、激しいぃっ、あああっスゴイっ、

 

ダメ、またイク、イクうぅぅっ!!

 

そう叫んで、白い肌をピクピク痙攣させて逝ってしまった。

 

「もう逝きそう!はぁ…中に出すよ!うう~っ!」

 

返事を待たずに、しっかりとオイラの精液でおまんこを潤してやった。

 

管理人つよぽんは仕事柄、四国方面へ出張してる。出張先の五十路熟女ともよろしくやってるよ。併せて他の四国での体験談も読んでみてね。

 

遊び慣れた五十路熟女人妻もいいけど、遊び慣れてない五十路熟女人妻を感じさせて逝かせるって楽しいよな。

 

最初は、貞淑っぽくふるまっているけれど、だんだん淫らになってくる姿を見るのはたまんないね。

 

オイラは、ここ最近ずっと同じ出会い系サイトを使ってる。

 

ミントC!Jメール

 

この出会い系サイトって、今回みたいに真面目に男性とセックスしてみたいっていう五十路熟女人妻が登録していて、出会う確率も高いように思う。

 

使っていて思うのは、安心安全なとこかな。

 

匿名で登録できるし、年齢認証も匿名でOK。

 

ミントC!Jメールnの登録はこちらから

 

個人情報の保護がしっかりしているから安心だと思ってる。

 

登録直後に100ポイント付与されるから、まずはお試し出来るところもいいよね。