大阪曽根崎 出会い系で出会った五月みどり似の五十路熟女とセックス体験談 久しぶりのセックスでドエロ淫乱が復活

 

どうも、管理人のつよぽんです。

 

週末は、仕事が休みで家族は嫁の実家に前日から泊りで行ってる。

 

オイラの五十路熟女人妻とのセックスの時間が確保された(笑)

 

五十路熟女人妻を探し出すのにいつも利用している出会い系サイトにログインした。

 

オイラが最近ずっと利用している出会い系サイトは、

 

ミントC!Jメール

 

オイラはよくプロフィール検索を使用しているけど、今回は「新人検索」を見てみた。

 

「新人検索」は文字通り、新人を紹介するコーナー。

 

プロフィールを見るのに1ポイント消費するんだけど「新人検索」は無料。

 

ミントC!Jメールの登録はこちら

 

大阪市内在住の53歳熟女の投稿があった。

 

「はじめて登録しました。宜しくお願いします」

 

新人さんは狙い目なんだよね。

 

プロフィールをしっかりチェックしてから、メッセージを送った。

 

夜になって返事が返ってきて、しばらくメッセージのやり取りを続けた。

 

家族が留守の週末にランチを誘ったらOKが出た。

 

週末は、五十路熟女人妻と昼間から……。

 

グランフロントの穴場カフェで五十路熟女と待合せ

JR大阪駅付近で待合せできるようだけど、初対面の人と待合せるのは大変。

 

グランフロント大阪 ナレッジキャピタル1Fにある「 DOWNSTAIRS COFFEE」

 

 

ここはけっこう穴場で、メルセデスベンツのショールームが横にあって落ち着いた空間。

 

早めに到着して席についてたら、女性から声をかけられた。

 

もしかして、つよぽんさんですか?

 

「あ、はい、つよぽんです。はじめまして」

 

はじめまして、まゆみです。

 

振り返ると、女優に五月みどりに似た女性が立っていた。

 

彼女はあまり目を合わせてはくれない感じ。

 

少し人見知りかな?

 

「じゃぁ、食事に行きましょうか」

 

と伝えると「はい」とこれまたテンション低め。

リーズナブルで本格的な韓国料理のランチ

南館7Fにある「韓国料理 水剌間(スラッカン)」に予約を入れておいた。

 

2人で「チゲとミニビビンパセット」を頼んで食べた。

私、韓国料理を食べたの初めてです

 

「辛いだけじゃなくて旨味もあって美味しいですね」

 

実は、私こうやって男性と会うのも初めてで…。

 

「そうなんですね、僕も初めてなんですよ」

 

すいません…ウソをついてしまいました(笑)

 

「たくさん出会ってます」て言って引かれると困るしね。

 

オイラの答えで緊張感が取れたのか、メッセージのやり取りをしてた時みたいに会話が戻ってきた。

 

まゆみさんも既婚者で、旦那さんが結婚25周年をすっかり忘れてて気持ちが冷めちゃったんだとか。

 

オイラんとこは何周年だ?気をつけないと!

 

「じゃあ、僕が新しい一歩を踏み出すお手伝いしますよ」

 

はい、よろしくお願いします…

 

大阪曽根崎の太融寺町のラブホテルでセックス

グランフロントを出て、地下街を通って太融寺町にあるラブホテルに入った。

 

ホテルに着いて、部屋に入るとまゆみさんは照れた様子。

 

ラブホテルに入るのも随分久しぶりで…

 

「そうなんですね、でもこういうのは好きなんでしょ?」

 

まぁ嫌いではないです。

 

えっと、どしたらいいんですかね?

 

「シャワー浴びたいですか?」

 

まぁ一応……

 

「じゃあ一緒にシャワー浴びましょうか」

 

手を引っ張り、半ば強引に風呂場へ。

 

オイラは、パパッと服を脱いで気を利かせて先に入った。

 

はずかしいですね

 

タオルで体を隠しながらまゆみさんが入ってきたので、抱きしめてキスをした。

 

ボディソープを泡立てて、まゆみさんの体に塗りたくって感触を確かめる。

 

洗ってるフリしておっぱいを揉んだり、おまんこを刺激した。

あん、ああっ くすぐったい

 

もうすでに大きくなっているクリトリスを軽く擦る。

 

だめっ、あっ、あああっ

 

彼女は身体を仰け反らせて感じてる。

 

「続きはベッドでゆっくりと」

 

シャワーで泡を流して、タオルで身体を拭くのももどかしく急いでベッドに移った。

 

横になって、上から覆いかぶさり、先ほどより濃厚なディープキスをした。

 

まゆみさんもその気になったのか、イヤラシク舌を絡めてくる。

 

乳首を弄びながら、おまんこに指を出し入れする。

 

ヌチュッヌチュッ

 

いやっ、うんっうんっ

 

クチュックチュッ

 

だめっ、あっ、ああ~んっ

 

お風呂場でのウォーミングアップがあったせいか、すぐに腰をガクガクさせて逝ってしまった。

 

逝った直後でトロンとした彼女の顔の前にちんぽを差し出した。

 

何も言わずに口に咥え、フェラチオをしてくれた。

 

ジュプッジュプッ チュプチュプ

 

「まゆみさん…気持ちいい…」

 

フェラしてもらってる間も、右手でおまんこをいじくった。

 

んぐっんぐっ

 

ちんぽを加えたまゆみさんの口から喘ぎ声が聞こえる。

 

「挿れて欲しくなったら言ってくださいね」

 

あ…いつでも…

 

「え?なんですか?聞こえない」

 

挿れて下さい!

 

オイラは彼女の両足を大きく広げ、おまんこにちんぽを刺した。

 

ヌプー、ズプッズプッ 

 

~~~~ああああっ

 

ちんぽを出し入れするたびに彼女は喘いでくれる。

 

恥ずかしがり屋の五十路熟女は、完ぺきにどエロ熟女に変身。

 

今度は上に来てもらって、腰を振ってもらった。

 

 

綺麗な形のおっぱいも上下に揺れ動く。

 

上半身だけ起き上がり、ペロペロと胸を舐めまわしていたら、彼女自ら、ベロをいっぱいに出してディープキスをしてきた。

 

「まゆみさんエロいですね」

 

次はバックで挿れて!

 

さっきまでの恥ずかしがり屋のキャラが崩壊(笑)

 

「わかりました!!」

 

彼女の後ろに回り、お尻を上げておまんこにちんぽを突き刺し、高速にピストンさせた。

 

 

ズチュズチュ、ヌプッヌプッ

 

~~~あああっはぁああああ

 

オイラもたまらず

 

「もうダメ…中に出すよ!」

 

んああっ、あっあっ いくぅうう

 

最後の力を振り絞り、彼女のおまんこをの感触を堪能。

 

彼女の中にたっぷりの精子を垂れ流した。

 

「満足しましたか?」

 

満足してないって言ったらどうしてくれるの?

 

おいおい、完全に淫乱熟女へ変貌していた(笑)

 

「満足するまでやりましょう!」

 

そのあとも、3時間たっぷりセックスを楽しんだ。

 

管理人つよぽんは大阪市在住なので、大阪の五十路熟女ともよろしくやってるよ。併せて大阪梅田界隈での体験談も読んでみてね。

やっぱり五十路熟女はなんだかんだでエロくて最高だった!

 

オイラが今回利用した出会い系サイトは、

 

ミントC!Jメール

 

五十路熟女人妻がたくさん登録しているし、大手出会い系サイトよりライバルが少なくておすすめ。

 

個人情報の保護をしっかりとしているし、匿名で登録出来るから身バレの心配がない。

 

会員登録は無料。

 

会員登録するだけで、お試しで100ポイント(1,000円相当)がもらえるので、すぐに利用できるよ。

 

まずは、好みの五十路熟女人妻がいるか、探してみてもいいかな。

 

ミントC!Jメールの登録はこちらから