岡山市 出会い系サイトで出会った南野陽子似五十路熟女人妻はカーセックスで何度も絶頂アクメした

 

どうも、管理人のつよぽんです。

 

先日、岡山県岡山市へ出張に行った時の体験を今回は書くよ。

 

毎回、出張が決まったらすぐに(笑)いつも利用している出会い系サイトで五十路熟女人妻を探してる。

 

五十路熟女人妻とよく出会えている出会い系サイト

 

ミントC!Jメール

 

最近はずっとここばかり利用している。

 

岡山市の五十路熟女人妻を「アダルト出会い掲示板」で探して、メッセージ入れたりしてたんだ。

 

でも、タイミングもあるんだろうね?ボウズだった。

 

テンション下がる〜っ。

 

岡山市のビジネスホテル室内で出会い掲示板を使ってナンパ

仕事が終わって、宿泊先の「ホテルエリアワン岡山」帰る。

 

 

部屋で、日課になってる ミントC!Jメール の「アダルト出会い掲示板」「今スグ」コーナーなどをチェックしていた。

 

今回ばかりは、なかなか、思うようにいかず。

 

でも諦めないオイラ。

 

「人妻の誘惑」コーナーで物欲しそうな投稿をしている、五十路熟女人妻にメッセージを送っておいた。

 

シャワーを浴び終わって、ビールを飲み干した時に返事が返ってきた!

 

出張で大阪から来てるんだ?

 

「うん、今宿泊先でゆっくりしてるとこ」

 

私も家事が終わって、ゆっくりしてるとこ〜

 

どうも返事を返してきた五十路熟女人妻は、暇つぶしでメッセージをしてきてるよう。

 

こういう時って、女性側は、会う前提が無いと思ってるらしく、意外に話が弾む時がある。

 

純子さんという五十路熟女人妻は、子供が2人いるけどもう独立して夫と2人暮らしの56歳。

 

結構、2人の仲が温まった頃合いをみて切り出した。

 

「ねえ、これから逢えない?」

 

これから?無理だよぉ

 

「メールで話が楽しいから会って直接話したい!」

 

「少しの間だけでもいいから、お願い!」

 

でも、お風呂も入ってスッピンだし…

 

「ほんのちょっとだけ、話するだけだよ」

 

…ちょっとだけだよ

 

なんとか誘い出すのに成功!

 

出会い系サイトで出会った五十路熟女は南田陽子似

オイラが泊まってるビジネスホテルの前まで彼女の車で来てもらう。

 

彼女の家からそう遠くなかったようで20分できてくれた。

 

オイラは、スエットの上下というなラフな服装にしてた。

 

車の助手席に乗って、運転席の女性を下から上まで一瞬でチェック。

 

なんとなく南野陽子に似た五十路熟女人妻だった。

 

「こんばんわ、無理を言ってゴメンね」

 

出てくるの大変だったんだから!

 

プンとすねた感じの表情がそそる〜。

 

1時間だけだよ

 

旦那には、近所に住んでる妹へ忘れ物を届けに行ってくると言って出てきたらしい。

 

純子さんの運転で、イオンモール岡山の駐車場の人気のない場所へ停めた。

 

 

駐車して、しばしの沈黙が流れた一瞬を逃さなかった(笑)

 

純子さんの頭に右手を添えて顔に近づき、キスをした。

 

んんっ!!

 

両手でオイラの胸を押して抵抗してる。

 

でも、強引にキスを続けた。

 

んん、や、やめて…

 

純子さんの右のおっぱいにオイラの左手がいやらしく揉みしだく。

 

純子さんの声のトーンが変わった。

 

や…やめて…、んんふ

 

洋服の裾から素早く手を入れ、  ブラの下側から手を潜り込ませておっぱいを直に揉んだ。

 

あ、ああ、こんなところで…

 

「純子さんが、あんまりにも素敵で…」

 

そういうと、純子さんの上着とブラジャーをまくりあげて、ピンと固く立ち上がった乳首を口に含んだ。

 

あ!んんん〜っ

 

声を押し殺して純子さんが喘ぐ。

 

「僕、もう我慢できないよ」

 

と言いながら、スエットの下をスルリと脱いだ。

 

もちろんノーパンだよ(笑)

 

大きくなったちんぽを取りだし、純子さんに右手に握らせた。

 

純子さんに握らせたまま、今度は舌を絡めたねっとりキスをした。

 

オイラの左手は、純子さんのおっぱいを揉んだり、乳首を軽くつねったり忙しい。

 

ちんぽを握る純子さんの手にだんだんと力が入り、ゆっくりと上下に擦り始めた。

 

「お願い、純子さんの口でして」

 

そう言いながら、純子さん頭を軽く押しながら、口元を亀頭まで下げた。

 

…口だけ…だよ…

 

そう言うと、純子さんは、ちんぽを口に咥えた。

 

「ううぅ、…気持ちイイっ、あっぅ」

 

「そこがイイ、…舐めてっ…おおぅ」

 

純子さんの頭を上げてもらって、またキス。

 

その間に純子さんの足を開かせて、スカートの中に手を伸ばした。

 

パンティーの上からおまんこに指を当てると、もうすでに湿っていた。

 

パンティーの上から指2本に力を入れて擦る。

 

あ、そこ、触っちゃダメ…

 

「僕ばっかり気持ちいイイのは不公平でしょ?」

 

あっ、あっ、んぁぁ、ダメ、ダメェ

 

「陽子さんにも、気持ち良くなって欲しい」

 

パンティーの中に手を滑り込ませ、ヌルヌルした愛液と一緒にクリの敏感な部分を刺激した。

 

あっ、ああっ、んあぁ、

 

ダメ、ダメだって〜

 

声を殺して喘げなくなってた。

 

下着が汚れるから…ダメぇ

 

もう手遅れ、おまんこビショビショだよって思いながら、

 

「脱いじゃえば汚れないから」

 

意地悪っぽく言うと、純子さんは、お尻を浮かしてパンティーをずらした。

 

オイラは、助手席のシートを少し倒して、持参したコンドームを急いでつけた。

 

精液で車を汚しちゃったら、後が面倒だからね。

 

純子さんが上からまたいで、対面座位でオイラのちんぽをスルリと咥え込んだ。

 

さすが、五十路熟女人妻、おまんこジュルジュルだからすっぽり入った(笑)

 

んあああっ!!

 

オイラのちんぽが純子さんのおまんこ深くに刺さってる。

 

純子さんが少しずつ自分で腰を前後に動かし始めた。

 

んん、んあっ!

 

「ああ、純子さんのおまんこ気持ちいい」

 

そう言いながら、純子さんの腰の動きに合わせて、下からちんぽを突き上げた。

 

あああああっ!いいいっ!

 

純子さんのお尻をがっちり握って、オイラのリズムに合わせて純子さんのおまんこを激しく突きまくった。

 

ひゃあああ〜んっ!ああああっ!

 

ひぃいいっ!い、い、いっクゥ〜!

 

そう叫んだ純子さんは、下半身を痙攣させながら、上半身を仰け反らせた。

 

「はぁは〜、僕もイクよ!」

 

そう言って、高速でちんぽを上下させた。

 

あ!あああっ

 

「ううううぁっ!」

 

しばらく息が整うまで2人とも動けなかった。

 

もう〜、強引なんだからぁ…

 

純子さんは、顔を紅潮させながら、まんざらでもない様子。

 

そう言いながら車内に置いてあるテッシユで、オイラのちんぽとコンドームをキレイに始末してくれた。

 

「だって、純子さんがあまりに色っぽかったから我慢出来なくなってさ」

 

「でも、会って良かったでしょ?」

 

悪戯っぽく言いながら、純子さんの顔をのぞき込んだ。

 

若い男性とエッチ出来たからまぁ、いいっか(笑)

 

五十路熟女人妻は、セックスに対しておおらかで良いよね。

 

何でも受け入れてくれる感じが五十路熟女の魅力のひとつだと思う。

 

岡山で五十路熟女人妻と出会えた出会いサイトは、

 

ミントC!Jメール

 

掲示板で物欲しそうな投稿を書いている五十路熟女は、たくさん登録してるよ。

 

何かのきっかけがあれば、すぐセックスしてくれる五十路熟女人妻がたくさん登録している出会い系サイトだと思う。

 

登録は無料で、登録すると1000ポイントもらえるのでそのポイントですぐ遊べるよ。

 

投稿を見たり、メッセージを送ったりできるので、遊んでみて!

 

ミントC!Jメールの登録はこちら