福岡市天神 出会い系サイトで出会った55歳の熟女はおまんこよりもアナルセックスが大好きな淫乱熟女だった

 

 

どうも、管理人のつよぽんです。

 

週明けから福岡市への出張が決まった。

 

何度か行っている福岡市だけど、毎回出会い系で最高の熟女に出会っている。

 

今回も仕事とはいえ楽しみ過ぎる(笑)

 

五十路熟女とセックスしたくてウズウズしていたら、なんと今回は1週間の出張。

 

1週間で何人の五十路熟女と会えるか?

 

仕事そっちのけで、勃起するのを抑えてそんな事ばかり考えていた(笑)

 

早速、現在ヘビロテの出会い系サイトで福岡市の五十路熟女を探す。

 

ミントC!Jメール

 

続けて五十路熟女と上手く出会えてるんだよね。

 

今回も、エロい五十路熟女と出会えますように!

 

ミントC!Jメールの登録はこちらから

 

「アダルト出会い掲示板」で福岡市の五十路熟女を探してみたけど、なんかしっくりこない日が続いてついに出張の日が来てしまった~。

 

仕方がない!現地調達だねっ。

 

福岡空港に着いて、天神まで地下鉄で移動。

 

その間に、ミントC!Jメール で五十路熟女を探した。

 

「Hな出会い」コーナーで見つけたのが、50代中半の「はな」という五十路熟女。

 

見た目はおばちゃんだけど、そんな私と色んなセックスしてくれる方いませんか?

 

「色んなセックス」がどういう意味かわからなかった。

 

まぁ、滞在が1週間あるからさ、とりあえずメッセージを送る。

 

「今日、会えますか」と送るとすぐに

 

今日は夜からなら会えますよ

 

レスポンスの速さにまた無駄に勃起してしまった(笑)

 

「天神西通りの「トラットリア・ヒッコリー」というイタリアンがあります。」

 

「20時頃に待ち合せませんか?僕は灰色のスーツで行きます。」

 

出来る男を見せたくて、店の予約を先にしてしてから彼女にメッセージを送った。

 

ありがとうございます。イタリアン素敵ですね。楽しみにしています。服装はトップスは白です。

 

やはりレスポンスが早い。

 

ワクワクが止まらなかった。

 

なぜなら今日の福岡初日は移動だけで、仕事はないから。

 

そのまま天神の宿泊するホテルへ。

 

福岡市天神の老舗イタリアンで待合せと食事

宿泊するホテルは「西鉄グランドホテル」っていう、いつもよりかなり高級なホテル。

 

 

一週間滞在するから、何があっても対応できるようにした(笑)

 

ホテルからほど近い「トラットリア・ヒッコリー」は老舗イタリアンだそう。

 

 

20時に予約だったけど、19時40分には店に着いて、彼女の到着を待った。

 

丁度20時になった頃に1人の女性が入店。

 

黒いロングカーディガンに黒と青のストライプ柄のワンピース。

 

スラっとしたスタイルで出るとこ出てる、エロい女だった。

 

でも、見た目は50代には見えなかったので「違うかー」と少し残念に思ったが、その彼女が僕を見るなり

 

つよぽんさんですか?

 

びっくりした表情をしたオイラに、

 

はなです。

 

一気にテンションが上がった。そしてちょっと勃起もした(笑)

 

料理は来てから注文にしていたが、それぞれパスタを1皿ずつ頼んだ。

 

彼女はカルボナーラ。

 

僕はペペロンチーノにしようと決めていたが、彼女を見て、気が変わった。

 

「臭いの残りそうなのは、嫌われるかもしれない.」

 

 

無難なクリーム系のパスタにした(笑)

 

はなさんは、55歳だという。

 

「はなさん!めちゃお若く見えます。僕、人違いかと思いましたよ」

 

うふふ、ありがとう ウソでも嬉しい

 

料理が来るまでの間はたわいもない話をした。

 

彼女の普段の生活など本当にたわいもない話。

 

でも、妙にリアルで妙にエロく感じられる。

 

彼女は「今は独身」との事。

 

以前結婚していたのかどうかまでは聞かなかった。

 

なにせ早くはなさんの身体を見てみたいし、触れてみたいし、触れられたいし、挿れてみたい。

 

とにかくセックスしたいという思いが強くなり、持ってこられたパスタもすぐに食べ終わった。

 

ぱっと彼女をみると、彼女もいつの間にか食べ終わってた。

 

「もう行きませんか?」

 

うん、行こう

 

僕の思っていることを分かったかのように、すぐに返事をしてくれた。

 

出張で宿泊している高級ホテルで五十路熟女とセックス

近くにラブホテルがあれば一緒に探そうかなんて考えてたけど、宿泊先の西鉄グランドホテルへ行った。

 

彼女の美貌には、このくらい高級な場所でのセックスが相応しいと思った。

 

部屋に入るなり、彼女は

 

こんなところでエッチ出来るなんて嬉しいな

 

またオイラの気持ちを分かっていたかのように話す。

 

「シャワー浴びますか?」

 

普段はホテルに入ったらすぐにヤル事が多いけど、はなさんには何故か紳士らしく振舞ってしまう。

 

「すぐでもいいですよ」

 

それまでオイラに対してため口だったのに、敬語で喋った。

 

その喋り方をきっかけに思いが爆発して、彼女にディープキスをしながら胸を揉みしだいた。

 

彼女も自分から舌を出し入れしてくる。

 

 

チュプチュプ チャプッ

 

お互い口の周りが唾液でベトベト。

 

そのままベットに倒れこむ。

 

彼女のスカートをまくり上げ、パンツの中に手を入れおまんこを触った。

 

すでにおまんこは、べっちょりで指を差し入れて出し入れする。

 

ヌチュッヌチュッ

 

急いで服を全部脱ぎ捨て、彼女も自ら下着姿になった。

 

 

やっぱり!想像通りの抜群の体型をしていた。

 

下着姿の彼女はオイラのちんぽにしゃぶりつき、唾液を大量に出しながら根元まで舐めまわした。

 

チュプチュプ ジュプッジュプッ 

 

 

「はなさん、気持ちよすぎる~」

 

若いんだから何回でも出来るよね?

 

彼女は上目遣いで意味深に言った。

 

ちんぽを散々しゃぶった口で、またオイラの口にディープキスをしてきた。

 

ディープキスをしながら彼女のパンツとブラジャーを外し左手で胸を揉んだ。

 

右手の指でヌルヌルになったクリトリスを擦る。

 

クチュクチュ

 

はなさんの身体がビクッとした。

 

やめっ…あああんっ 

 

その声を聞いて、おまんこの中に指を入れてGスポットを刺激。

 

ああんっ あああっ

 

あああっっーっ!イっちゃうっ!!

 

彼女は想像より大きな声で叫んだ。

 

さらに右手を激しく動かす。

 

彼女は腰を一瞬浮かせベットにそのままドンっと腰を落とした。

 

「逝っちゃいましたか?」

 

何度もイかせてぇ~

 

僕の耳元で喋るとそのまま僕の耳に舌を入れ、舐めまわしてきた。

 

僕は感情のコントロールが出来なくなったように彼女の両足を開き、ガッチガチのちんぽを一気に根元まで突っ込んで、高速にピストンさせた。

 

だめっ、あっ、あああっ

 

いやっ!いやっ!いやっっ!!

 

また大きな声で喘ぎだした。

 

はなさんの身体は、年齢の割に引き締まっていて、おまんこも引き締まっている。

 

でも、大きなおっぱいはと~ってもやわらかい。

 

 

体位を騎乗位に変えたら、おっぱいが「ぴちゃんぴちゃん」と楽器のように音を立てる。

 

騎乗位のはなさんのエロい姿で、オイラは我慢が出来なくなった。

 

「待って!!」

 

と叫んだが、はなさんは腰を動かすのを止めなかった。

 

時すでに遅し…。

 

そのまま彼女の中へ果ててしまった。

 

はなさんはオイラから降りて横に座り、ちんぽを口に含んで綺麗に精子を舐め取ってくれた。

 

彼女は綺麗に舐めた後、そのままま続いて高速にフェラチオをし始めた。

 

「ぅおっ?!はなさん?」

 

ジュプッジュプッ チュプチュプ

 

チュボボボ~ 

 

オイラは果ててすぐだったが、すぐにまた欲情してきた!

 

恐る恐る「アナルとか興味あったりしませんか?」と尋ねた。

 

はなさんは何も言わずにニコッと笑って頷いた。

 

すぐに彼女のアナルに指を這わせると

 

あぁーん!!

 

どうやら彼女の性感帯はアナルだ~!

 

色んなセックスとはこれか!

 

最初のメッセージのやり取りの意味が分かった。

 

興奮していたが「本当にいいんですか?」と尋ねると、

 

お願い~

 

はなさんは、自分のバッグからローションを取り出した。

 

もうすでにオイラのちんぽは、ビンビンに復活していた。

 

ローションをちんぽとはなさんのアナルにどっぷりと塗りたくり、ちんぽの先を入れてみた。

 

はぁああああん

 

喘ぎながら自ら尻をこちらに突き出した。

 

勢いでオイラのちんぽは彼女のアナルへ入っていく。

 

ズッ ズッズニュ~

 

ノーマルなおまんこセックスよりもさらに大きな声で喘ぎだす彼女。

 

はぁああああん

 

ズチュズチュ ヌプッヌプッ

 

もっとぉ もっと突いてえ~

 

オイラは彼女の声にも興奮した。

 

~~~ああああっ お尻で逝っちゃう~

 

「はぁ…はなさん 僕もイク…」

 

あっあっ んああっ

 

「ううっ!ああっ」

 

オイラは、この出張で色んな福岡の五十路熟女と出会い系で会うつもりだった。

 

でも、気が変わって福岡に滞在している間、はなさんと会う事にした。

 

だってさ!こんな淫乱でエロい五十路熟女と出会えたし!

 

毎日、おまんことアナルの2回戦(笑)

 

はなさんは、また会ってもイイって言ってくれたので福岡のセフレをゲット!

 

福岡に来るのが大きな楽しみの一つとなった♪

 

オイラは、出張で地方都市に行く事が多い。

 

夜は出会い系サイトを使って好物の五十路熟女と会って遊ぶのが大好き。

 

そんな時に便利な出会い系サイトが

 

ミントC!Jメール

 

色々な出会い系サイトがあるけど、五十路熟女と出会う率が高いよ。

 

ミントC!Jメール に登録している五十路熟女って真面目にセックス相手を探している事が多い。

 

個人情報の保護がしっかりしている出会い系サイトだから、安心して使えるというのも「ウリ」だよ。

 

個人登録は無料で、登録だけで100ポイントがもらえるので、登録直後から「出会い掲示板」見てまわれるよ。

 

ミントC!Jメールの登録はこちらから