岡山県岡山市で出会い系サイトで出会った五十路熟女は高岡早紀似の爆乳淫乱逝きまくり

 

どうも、管理人のつよぽんです。

 

最近出張が多くなり、ちょっと辟易している。

 

その反面お遊びには事欠かないので、ツラいような、楽しいような日々かな。

 

先日は、岡山県岡山市に珍しく2週間の長期出張があった。

 

仕事が終わった夕方、オイラはウィークリーマンションに戻り、日課の出会い系サイトのミントC!Jメール にログインした。

 

いつも利用している出会い系サイト

 

ミントC!Jメール

 

使いやすいのでおすすめしてるよ。

 

「アダルト出会い系掲示板」の投稿をスクロールしていると一人の女性に目が止まる。

 

投稿の文面からモノ欲しそうな感じが伝わってきたのでメッセージを入れた。

 

「こんばんわ、今出張で岡山市に来てるんですが、1人で食事してもつまらないので良かったらご一緒して頂けませんか?」

 

メッセージを送る時は、文面に気をつけているよ。

 

ちゃんと返事が書けるような文面にしておかないと返事しづらいんだって。

 

返事が戻ってきたので、2~3回やり取りをして、早速、明日の夜に会う約束を取り付けることが出来た。

 

イオンモール岡山で高岡早紀似の54歳熟女と待合せ

彼女は、車で来るという事なので、イオンモール岡山の「無印良品」で待ち合わせる事にした。

 

オイラの服装は、連絡済みなので彼女の方から声をかけてもらう事になっていた。

 

艶やかな雰囲気の女性が声をかけてきた。

 

身長は160センチといったところかな。

 

雰囲気は高岡早紀を少しふくよかにした感じでなかなかの美人。

 

でも、顔よりも目がいったのは、その大きなおっぱいだった!

 

釘付けになった(笑)

 

こんばんわ~、はじめまして。
メッセージくれてありがと。

 

「いや、こちらこそ急な誘いだったのにスイマセン」

 

話ながら駐車場へ歩いて、彼女の車に乗った。

 

ホテルグランヴィア岡山のスカイラウンジで食事

車のエンジンをかけた後に彼女が

 

ホテルグランヴィアのスカイラウンジに予約入れておいたの

 

「いつも居酒屋ばっかりだから、今夜は大人のデート(笑)」

 

そうなの?(笑)

 

「今日は、ワンランク上のデートが出来て嬉しいです。」

 

支払いの事は心配しなくて良いからね。

 

ホテルに着いてエレベーターで上がり、スカイラウンジに入った。

ほとんどのテーブルが窓際に面して配置されていて岡山市内の夜景が美しい。

 

一人だけで出張の夜を過ごしてたら、こういう体験はなかなか無いよね。

 

おつまみの料理を2~3種類とワインを頼んだ。

彼女のご主人はいわゆる特別公務員で今夜は山へでかけ帰ってこないらしい。

 

一人娘さんも県外で大学生をしているとのことだった。

 

食事が終わると、彼女がひとこと…

 

…酔ってしまいました、このあと少し休みますよね…。

 

「じゃ、行きましょうか」

予約していたホテルの部屋で岡山市内の夜景のバックにセックス

エレベーターに乗り、予め彼女が予約していた部屋へと二人で向かった。

 

部屋の中に入ると

 

お先に借りちゃいますね

 

とシャワールームへと消えていった。

 

しばらくすると、彼女がバスローブを着て出てきた。

 

バスローブがはだけ落ちそうなほど、豊かなおっぱいにどうしても目がいっちゃう。

 

オイラも急いでシャワーを浴びた。

 

部屋へ戻ると室内の明かりが消え、 岡山市内の夜景が見えるようにカーテンが開けてあった。

 

「ムード作りがお上手ですね。」

 

夜景だけの明かりの中、彼女はソファーに座りリラックスした表情。

 

その光景に興奮を覚えたオイラは、バスローブを脱ぎ捨てて、 はちきれそうになっているちんぽを彼女の口元に近づけた。

 

彼女はそれを横から受け止め、 舌先で弄ぶかのようにチロチロと先っぽからタマまで丁寧に嘗め回してくれた。

 

「スゥウウ~、はぁあ、気持ちいい」

 

オイラの言葉を聞いて、根元からすっぽりと咥え込むといやらしい音を立てて唇で上下させた。

 

ジュポジュポ、チャプジュルッ

 

「うう、す~はぁああ」

 

彼女の粘っこいフェラを堪能したあとは、攻守交替。

 

窓際に立たせて唇にキス…首筋を舌先で舐めて攻めながら、ゆっくりとバスローブを脱がせる。

 

夜景の中に白く浮かび上がる大きなおっぱい…。

 

先ほどの仕返しとばかりに、そのおっぱいを鷲づかみにした後、ねっとりと舐めあげてやった。

 

 

あん、はぁはぁ、はぁああ

 

いやらしく執拗におっぱいを責める。

 

最初は甘い吐息程度だったのが、 だんだんと激しくやや低めの熟女らしい喘ぎ声が聞こえてきた。

 

ああ!ああ!

はぁああん、感じちゃうぅう

 

右手を彼女の繁みにやると、すでにグッチョグチョ。

 

円を描くようにクリトリスを指で刺激すると、 腰をガクガクと揺らし始めた。

 

感じすぎて立っていられない様子。

 

ベッドに仰向けにさせて、足を大きく開かせた。

 

パックリ開いたおまんこのクリトリスを舐めながら、右手の中指でGスポットを刺激する。

 

ヌチュッヌチュッ、クチュックチュッ

 

彼女は私の頭を両手で押さえつけ、

 

ああっ、イイッ、もっとぉおっ!

はぁああああん、こんな感じ初めてぇええ

 

と言いながら、腰が激しく痙攣して逝ってしまった。

 

そのままの体位でゆっくりとちんぽをねじ込むように入れる。

 

ヌプー  ズプッズプッ

 

彼女は、両足をオイラの腰へ絡めてきた。

 

最初はゆっくりと彼女のおまんこを味わうよう動かした。

 

徐々に激しくその熟れたオマンコに打ち付けてやる。

 

彼女はオイラの動きに合わせ、腰をヒクヒクと下から上に合わせてきた。

 

目の前では、大きなおっぱいがブルンブルンと揺れていて淫らな肢体を堪能。

 

ああ、もうダメ、お願いっ!早く逝ってぇええ
し、シンじゃうぅ…ああっ、
ホント、ダメ、うち…イクぅ!!

 

「は~は~、中に出しますよ」
「あ!イク」

 

彼女に急かされるまま 熱くたぎった白い液を彼女の中にぶちまけた。

 

終わって彼女を腕枕しながらしばらくピロートーク。

 

出会い系で男性と会ってセックスをするのは初めてだと言う彼女。

 

夫とは違うセックスですごく刺激的だったわ…。

 

どおりでセックスが五十路熟女にしては、受け身だと思った(笑)

 

まだまだ夜は長いので、彼女にセックスの良さを教えてあげる為に2回戦突入へ。

 

結局…寝たのは明け方の3時頃…。

 

一度快感を覚えた五十路熟女の身体はスゴイね。

 

快楽に底なしだから、若いオイラもたじたじだよ~。

 

ギリギリまで寝て、職場近くまで彼女が車で送ってくれた。

 

五十路熟女は、優しくてセックス大好きな女性が多いからオイラ好きだわ。

 

出会い系サイトでは、こういう色が白くて、爆乳の美人五十路熟女もセックスしたくて登録しているよ。

 

五十路熟女好きな男性は、ぜひ登録してみて。

 

ミントC!Jメールの登録はこちら

 

無料で登録出来るし、登録するだけで100Pもらえるからスグやり取り出来るよ。