埼玉県大宮市 出会い系サイトで出会った清楚系五十路熟女人妻は久しぶりのセックスでち○ぽを咥え込み連続イキでたっぷり中出し

 

どうも、管理人のつよぽんです。

 

オイラは急な出張で、埼玉県大宮市に来ていた。

 

いつものように前もって出会い系サイトで五十路熟女人妻を探すヒマがなかった。

 

仕事の休憩時間にいつも利用している出会い系サイト

 

ミントC!Jメール

 

にログインする。

 

「アダルト出会い掲示板」「今すぐあそぼっ」「Hな出会い」コーナーと「誘い飯掲示板」を片っ端からチェック。

 

何人か気になった五十路熟女へメッセージを送っておいた。

 

「今日、大宮で美味しいもの食べながら、一緒に飲みませんか?」

 

1人だけ返事が来ていた。

 

今日はヒマしてるので、行きたいでーす

 

やったぁ~! 一人寂しい夜を過ごさなくてすんだわー。

 

ミントC!Jメールの登録はこちらから

 

さいたま市大宮駅東口で五十路熟女人妻と待合せ

出会い系サイト ミントC!Jメール で出会えた五十路熟女は菜美さん、52歳の人妻。

 

子供達は好き勝手遊びに行き、暇を持て余しているらしい。

 

旦那も子供達も今日は帰ってこないし暇なの~

 

オイラは大宮に出張中ってことを伝えると、菜美さんは、

 

じゃあ大宮駅の東口中央の階段下で待合せしましょう。

 

そこだと分かりやすいでしょ。

 

確かに分かりやすい。

 

「では、東口に7時に」

 

オイラは急いでシャワーに入り、ちょっと早めに部屋を出た。

 

待ち合わせまで後20分もある。

 

大宮東口は、いろんな人が待ち合わせをしていて女性は皆、菜美さんに見えてきた(笑)

 

写メ交換をしていないので、お互いに伝えていた服装だけで判断するしかない。

 

オイラは、白いチノパンに黒いシャツ姿で待っていた。

 

黒髪でベージュのカットソーに黒いタイトスカートの女性が辺りをキョロキョロ見渡していた。

 

聞いていた服装に似ていたので、多分彼女だなと思い声をかけてみた。

 

「こんばんは 菜美さんですか?」

 

は、はい…

 

彼女はビクッとしてと答えた。

 

菜美さんは、黒髪ロングで上品な顔立ちの五十路熟女人妻。

 

服装は清楚だけど、オッパイは強調しているように見えた。

 

「こんばんは、つよぽんです」

 

もっと老けている人が来ると思っていたから。

 

つよぽんさんが、若くてビックリしたの

 

とってもキュートな笑顔なのでドキドキした。

 

「ここではなんだから居酒屋でも行きますか」

 

はい

 

大宮東口駅前にある個室居酒屋の個室でおまんこお触り

少し歩いて駅前にある全席個室の「葱や田蔵」に入った。

 

店内は満員で丁度空いていた4人部屋に通された。

 

 

初めはビールで乾杯。

 

その後は、2人でゆっくりとワインを飲みながら、菜美さんの普段の愚痴を聞いていた。

 

 

酔っているのか色々と話している。

 

隣りに座っていい?

 

「どうぞ どうぞ」

 

近くで見ると可愛い顔してるのね。

 

こんなおばさんに言われても嬉しくないか~。

 

って1人で話している(笑)

 

「そんなこと全然ないよ。」

 

「僕は菜美さんが近くだからドキドキしてるんだよ」

 

菜美さんは嬉しそうにオイラに寄り添うようにして、グラスにワインを注いだ。

 

菜美さんからほのかに香る、何とも言えない上品な香りに思わず手を握ってしまった。

 

「すいません!」

 

いいのよ

 

オイラの手を握り返してきたので、握った手を引き寄せてキスをした。

 

菜美さんの口に中に舌を入れると僕よりも舌を絡めてきた。

 

んふうぅう

 

菜美さんの鼻息も荒くなっている。

 

音を立てて舌を絡めてキスをした。

 

もうワインどころではない(笑)

 

オイラは素早く菜美さんの上着の裾から手を入れた。

 

電光石火の早業でブラをずらしておっぱいを軽く握った。

 

待って!ああん、人が来るよ

 

オイラは、お構いなしに乳首をつまんだ。

 

んんん あん ちょっとない!待って~

 

菜美さんは、オイラの手を服の中から出そうとしたが止まらない。

 

「菜美さんの乳首硬くなってるね」

 

そんなことないよ

 

必死に声を我慢しているけどね(笑)

 

オイラの手はスカートの中に入り、パンストの上からおまんこを探った。

 

ダメだって!店員さん来るから!

 

オイラは、菜美さんの香りに興奮しすぎて自分でも止められなかった。

 

そのままスカートをたくし上げ、パンストとパンティの中に強引に指を入れた。

 

おまんこは、既にグチョグチョだった。

 

だめっ、あっ、ああっ お願い…やめて

 

ちんぽは、破裂しそうなくらいギンギンに硬くなっている。

 

菜美さんの手を掴みズボンの上から触らせてみた。

 

凄い…こんなになるの?

 

興味津々にオイラのちんぽをまさぐっている。

 

「そろそろ会計して、ホテルでゆっくりとしようか?」

 

うん、そうだね…。

 

気忙しく2人で手を繋ぎ店を出た。

大宮駅東口のラブホテルで五十路熟女人妻とセックス

オイラたちは手を繋ぎながら、JR大宮駅東口から徒歩5分の「HOTELLet’s」にチェックインした。

 

部屋に入るなり、菜美さんを抱きしめてキスをした。

 

2人の舌がグチョグチョと絡み合う。

 

 

そのままベットに押し倒し、服を脱がし始めた。

 

白の花柄のブラが何とも清楚だ。

 

ブラを外すと、ハリのある大きなおっぱいが顔を出した。

 

とても52歳とは思えない!

 

オイラは思わずオッパイに顔を埋め

 

「最高だよ~こんなオッパイ」

 

汗を掻いているからシャワーに入らせて

 

無視してオッパイを揉みながら、黒ずんだ乳首を念入りに舐めた。

 

「この匂いが堪らないんだ」

 

乳首を甘噛みする。

 

クチュクチュ

 

あんん あっ

 

チュッ、チュパッ

 

乳首を舐める、いやらしい音が部屋の中に響いている。

 

オイラの手はスカートを脱がしにかかろうとすると

 

待って…自分で脱ぐ。

 

お願いだから、電気を消して後ろを向いて。

 

電気を消すふりをしながら、スカートを下げストッキングを乱暴に下ろす。

 

清楚なパンティを拝見した。

 

「下もお揃いの柄なんだね」

 

恥ずかしそうにうなずいた。

 

オイラは菜美さんをベットに座らせて、綺麗に手入れをしている足の指の隙間に舌を這わせた。

 

そこはダメー!お願い~汚いからやめて

 

ちょっとだけしょっぱめだったが、全く気にならない匂いだ。

 

足首を押さえて足の指を一本ずつしゃぶってやると

 

あん!恥ずかしいから~あんんん

 

足の指をしゃぶりつつ、パンティの上から突起したクリを弄ぶ。

 

んああっ、あっあっ

 

おまんこは、もう既に大洪水。

 

足の指をしゃぶるのを止めて、パンティを下ろすと大きなビラビラが見えてきた。

 

少し黒ずんでるけど、年相応で匂いもあんまり気にはならない。

 

お願い…電気を消してください

 

今度は敬語になってきた。

 

こ、これはもしや!M熟女?(笑)

 

そのまま視姦していると、菜美さんは自分で足を広げてきた。

 

「菜美さんはおまんこをこんなに濡らしてスケベな女だね」

 

そんなことはありません!つよぽんさんの前だからです

 

くう~、可愛いことをいうねっ。

 

「菜美さんおまんこをどうしてほしい?」

 

ああ…お願い…いじめないでください

 

「じゃあどうして欲しいのか自分の口で言ってみ」

 

菜美さんは少し躊躇していた。

 

お、おまんこを舐めてください

 

「聞こえないなぁ、もっと大きい声で!」

 

私のいやらしいおまんこを舐めてください

 

「じゃあ自分で足をもっと広げて」

 

こうですか?

 

オイラは、犬のように菜美さんのおまんこにしゃぶりついた。

 

ヌチャッヌチャッ

 

やめっあああんっ

 

クチュックチュッ

 

だめっ、あっ、あああっ

 

「菜美さんこんなに濡らすなんて、本当にスケベな女だよね」

 

ああ、ごめんなさい~ああ、もうだめぇ

 

「じゃあ次はこれでお仕置きだね」

 

菜美さんに電マを見せた。

 

最初は弱くおまんこに当てる。

 

 

あああ、あっ 

 

少しずつ振動を強くすると、菜美さんの体が仰け反ってきた。

 

~~~~ああああっ

 

はぁああ あっイッ!

 

いぐ いぐ いっちゃう~!

 

菜美さんの身体はビクビクしながら痙攣している。

 

もうだめ~もうだめ~こんなの初めて…

 

「じゃあ次は僕の番だね」

 

ギンギンに硬くなっているちんぽをしゃぶらせた。

 

すごい~こんな硬いの初めて

 

「菜美さんの口で綺麗にして」

 

菜美さんは、ちんぽに舌を這わせて丁寧に舐めてきた。

 

チャプチャプ

 

亀頭の当たりを唇で噛みながらゆっくりと口の中に入れてきた。

 

 

ジュプッジュプッ

 

お願いします…つよぽんさんの硬いのを入れてください

 

こんなことを言われれば男冥利につきるなぁ。

 

菜美さんの足を大きく開き、グッチョグチョに濡れているおまんこへオイラのちんぽをズブッ突き刺した。

 

ああああ!凄い~~~!

 

こんなの初めて!おかしくなっちゃう!

 

「随分とご無沙汰のようだね」

 

菜美さんの脚が僕の身体に絡みついている。

 

強弱をつけてピストン運動を繰り返す。

 

ああんっ あああっ

 

~~~~ああああっ

 

 

もうだめ!いっちゃう~!

 

「菜美さん!ああ!気持ちいい」

 

「はぁはぁ…もう限界!出すよ!」

 

あたしのおまんこにいっぱい出して!

 

オイラはたまらず中に発射。

 

2人で息を切らしながら、キスをした。

 

凄かった~こんなの初めてぇ

 

清楚系の菜美さんは、ちょっとMっ気があって楽しかった~。

 

最初はちょっと受け身気味な菜美さんだったけど、やっぱりセックス大好き五十路熟女人妻だった。

 

出会い系サイトの便利なところは、知らない男女が少しずつ距離を縮めて、セックス出来るところだと思う。

 

菜美さんの場合は、「ちょっとヒマだから誰か誘ってくれないかな」っていう軽い気持ちで投稿してたんだって。

 

そういう気軽な感じで、セックス大好きな五十路熟女人妻の登録が多いと思うのは

 

ミントC!Jメール

 

まだまだ、女を止めたくない、セックスしたい五十路熟女人妻が揃ってる。

 

出会い系サイト利用するのに不安に思うことは、個人情報がバレやしないか?って事だと思う。

 

ミントC!Jメール は、個人情報の保護がしっかりしているので、オイラも安心して利用している。

 

会員登録は無料で、登録するだけで100ポイントもらえちゃう。

 

ミントC!Jメールの登録はこちらから

 

もらった100ポイントですぐに掲示板のぞけるから、好みの五十路熟女人妻がいるかチェックしてみると良いよ。