福井県福井市 出会い系で出会った五十路熟女はアナルファックが大好きで肛門に中出しアクメに達した淫乱熟女

 

どうも、管理人のつよぽんです。

 

先日は、福井県に2泊3日で出張に出かけた。

 

福井の営業所と工場は8年前から自分が担当。

 

今回、目を掛けていた若手営業マンの山田君が部長に昇進した。

 

新婚の山田君は仕事へのやる気に満ち溢れている。

 

オイラといえば、いつも五十路熟女とのヤル気に満ち溢れているけどね(笑)

 

いつもの通り、出張が決まったら出張先でセックスできる五十路熟女人妻を出会い系で探す。

 

最近、五十路熟女人妻と出会う確率が高くて、よく利用している出会い系サイト

 

ミントC!Jメール

 

今回も、ミントC!Jメール の「アダルト出会い掲示板」で地域を福井に絞って、全部のコーナーを見てまわった。

 

「人妻の誘惑」コーナーで昼間なら会えるという投稿を見つけてメッセージを送った。

 

五十路熟女人妻は、

 

張で来る」=「1度の熱いアバンチュール」=「後腐れない」

 

みたいに思ってくれてるのかなぁ。

 

「出張中」に食いついて、意外に早くメッセージの返事をくれた。

 

ミントC!Jメールの登録はこちら

 

お相手は、ミントC!Jメール で知り合った有紀さん、52歳の五十路熟女人妻。

 

旦那と子供が外出中のお昼なら会えるという。

 

出張3日目は、朝一の得意先アポが終わったら解放された。

 

本社に戻らなくていいので、山田君にはお土産でも買って、のんびり帰ることにしたと伝えておいた。

福井県福井市で五十路熟女人妻と西武福井の青い100年時計で待合せ

最終日、山田が得意先のアポ終了の後、北陸本線福井駅まで送ってくれた。

 

山田とはお礼と昇進の激励を兼ねて、握手をして別れた。

 

有紀さんとの待ち合わせ場所は、西武福井の新館と旧館の間にある青い100年時計。

午前11時に、青い時計台の前で、エロそうな五十路熟女を見回す。

 

いた!有紀さんとご対面。

つよぽんさんね?有紀です。よかった、会えなかったらどうしようかと。

 

「有紀さんはじめまして。僕も不安でした(笑)」

 

ちょっと早いですが、軽くランチでも行きませんか?

 

「ちょうどお腹減っていたの。行きましょう。」

 

西武福井にあるイタリアン料理店でランチ

二日間の福井出張では山田と飲みながら海産物を食べたので、今日はイタリアンにした。

 

西武福井の8階にあるマルゲリータというイタリアンのカフェ。

 

ビールで乾杯し、ポテトをつまみながらドリアとサラダを頼んだ。

 

 

有紀さんがソーセージをフォークで転がすのを見ると、股間が熱くなってきた。

 

「有紀さん、わざとですか?」

 

えっ?なにかしら?

 

「ソーセージをフォークで操ってる姿が妙にエロくて(笑)」

 

あらやだ、気にしてなかったわ。つよぽんったらぁ!

 

赤面する有紀さんの表情は乙女だった。

 

2杯目のビールを飲み干すと、赤ワインを注文し、徐々に酔いがまわってきたので切り出した。

 

「有紀さん、そろそろ俺のソーセージも転がしてみませんか?」

 

つよぽんさんったら…。フォークで転がしていいのかしら?

 

「お口でお願いします(笑)」

 

決まった!

 

赤ワインを飲み干すと、チェックを済ませて、西武福井を出た。

 

福井市開発地区にあるラブホでアナルセックスを堪能

 

北陸本線福井駅方面に歩き、タクシー乗り場からタクシーでラブホへ移動。

 

土地勘が無いのでいつもの通り事前にラブホを確定しておいた。

 

福井市開発地区にある、焼肉店「鶴橋」の駐車場にタクシーを停めてもらった。

 

そこから徒歩で、ラブホ「ホテルLe pin」へ向かった。

 

部屋に入るなり、オイラは電気を消してシャワールームに入った。

 

つよぽん~、もう脱いでるの?

 

「安心してください、穿いてますよ! なぁんてねっ あはっ」

 

つよぽんったら面白い人ねっ

 

「有紀さんもシャワー浴びますか?どうぞ!」

 

有紀さんもノッて来た様子。

 

今日もちんちんがビンビンだ!(笑)

 

酔っている俺は有紀さんが出てくるなり、濃厚なキスから始めた。

 

ぶちゅぅ ぶちゅっ チュッ

 

舌も入れて唾液を存分に交換する。

 

れぉれろぉ れぉ れろぉ

 

はぁん、はげしっぃっ 興奮するッん

 

「有紀さん、素敵です。おっぱいも綺麗だ。」

 

「乳首もビンビンにたってますよっ」

 

かたくなった乳首を舐めながらおまんこを触る。

 

ぐちょぐちょな有紀さんのワレメがいやらしい音を立てた。

 

 

はぁんんっ 気持ちぃぃぃぃっ

 

んはぁっ もっと~もっとしてぇええ

 

ぐちゅっぐちゅ ぐちゅっ

 

滴る愛液はおしりの穴にまで達している。

 

おまんこの中にある中指を伝って、触れる小指がアナルに触れた。

 

はぅうううぁんんっ

 

くすぐったぁいいぃっ きもちぃつっ!

 

調子に乗ってそのまま小指をアナルに入れてみた。

 

あんっ はぁあぁぁぁぁん

 

何これっぇ? 気持ちいぃぃわぁああっ

 

なんて日だ!(笑)アナル好き五十路熟女だ!

 

アナルセックスは、けっこう好きだけど拒否られる事も多い。

 

おまんことはまた違った締まり方が、病みつきになるアナルセックス。

 

二つの穴を刺激しながら、有紀さんの太ももに俺のビンビンちんぽを押し当ててアピール。

 

オイラの我慢汁が、滑らかに太ももを湿らせる。

 

気付いた有紀さんの手がオイラのちんぽを握り、さすり始めた。

 

「はぁああ、有紀さんっ」

 

オイラはもう我慢できずに、濡れ濡れのおまんこにちんぽをぶち込んだ!

 

はぁあぁぁぁぁんッ

 

お、おちんちん…きっついぃ…!

 

はぁん はんっあんっ

 

「有紀さんの中、あったかいですよっ!ヌルヌルっ!」

 

もっとぉ、あぅぁうっ はんっ あんっ

 

あんっ きもちぃつっ あああぁっ

 

飛び出すクリトリスを親指でさすると、さらに有紀さんがよがりだした。

 

あぁあぁぁああんっ きもちぃぃ

 

ヌチュッヌチュッ

 

あんっ あはぁああんっ

 

クチュックチュッ

 

イクッ いくっ イクゥゥゥウゥ!!

 

波打つ下腹部、洪水のようにあふれ出るマン汁。

 

まだ勢いが止まらないオイラは、アナルとちんぽにマン汁を塗りたくる。

 

亀頭をアナルに当てて、先っぽをゆっくり入れてから一気に打ち込んだ。

 

ヌプ~、ズプッズプッズッチャッ

 

はぁあぁぁぁぁんッ

 

うぅっぅうぅっぅうっ

 

少しの唸り声を上げる有紀さん。

 

目に涙を浮かべながらよがっている。

 

枕元に置いてあった電マのスイッチを入れて、がら空きのおまんこから飛び出る真っ赤なクリトリスに当ててあげた。

 

ヴぃいいぃいいんっ

 

だめっ、あっ、あああ~~っ

 

有紀さんのアナルが俺のちんぽを締め上げる!

 

やめっあんっ  ああんっ あああっ

 

クリトリスに当たる電マが気持ちよくて仕方ないらしい。

 

あぁぁぁぁあああんっ 気もちぃっ

 

 

はぁん あぁん イクッイクッイクゥゥウゥ!

 

ビクンッ、ビクンッ

 

イってる最中のアナルの締りがやばい~。

 

オイラのちんぽが取れちゃいそう(笑)

 

「ゆきさんっ 俺の遺伝子、お尻にいれまくりますよぉおおっ おりゃ!」

 

ピストンを続けて、アナルに精子をぶちまけてやった。

 

ちんぽを抜くと、菊門がぽっかりと開いていた。

 

最高に締まりのいいアナルセックスだった。

 

いやぁ、思わぬところでアナルOKの五十路熟女に出会うとは!

 

やっぱり、出会い系サイトで出会う五十路熟女はいいねぇ。

 

自分の快楽の為には、何されてもOK感が出てる淫乱さが大好き。

 

今回アナルセックスOKの五十路熟女と出会った出会い系サイトは、

 

ミントC!Jメール

 

セックスして欲しい五十路熟女がたくさん登録してる…と思う。

 

出会えてるからね。

 

会員登録は無料だし、登録するだけで100ポイントもらえるし、個人情報の保護もしっかりしてる。

 

もらった100ポイントで五十路熟女を物色してみて!

 

ミントC!Jメールの登録はこちら